レーザー治療での注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療脱毛からレーザー治療まで幅広い治療が可能な美容皮膚科では、最新の美容専用マシンなどを使用して治療を行っています。痛みも少なくメスを使用しない施術である事から、美容皮膚科を利用する人は年々増加しています。気軽に、効果的に美肌を手に入れられるのは事実ですが、自分で注意しなければならない点もいくつかあります。ここでは、レーザー治療による注意点について、ご説明します。

まず、レーザー治療を受ける際は、紫外線対策を万全にする事です。レーザー治療後の肌は非常に敏感になっており、施術前よりも色素沈着しやすい状態になっています。ですから、日焼け止めやマスク、帽子などで念入りに対策をしなければなりません。

また、刺激を与える事もいけません。レーザー治療後の入浴では、温めのお湯で優しく洗顔するようにして下さい。ゴシゴシと力を入れて擦る事はいけません。また、サウナや運動の他に、湯銭に浸かる事も控えて下さい。体内の血流が良くなる事や湯銭に潜んでいる雑菌などで施術した部位に赤みや腫れ、かゆみを引き起こす恐れがあります。施術後は必ず守ってください。

レーザー治療の他にも、カウンセリングやアフターケアをきちんと行っているかなども大切な事項です。事前にきちんと確認をし、治療後は上記の事を必ず守って、より美しい肌を手に入れましょう。