レーザー治療

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科では様々な治療方法があります。中でも特にレーザー治療は、あらゆる肌トラブルを解消させてくれる治療法として、多くの人が利用しています。ここでは、美容皮膚科で行うレーザー治療について、ご説明します。

まず、炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスを発振物質としたもので水に吸収されやすい性質を持っており、照射すると、皮膚組織内の水分に吸収されて熱を生じ、ホクロやイボなどを気化蒸散させてしまいます。

シミやアザなどの他に、従来レーザーは向いていないとされていたものまで幅広く対応出来るヤグレーザーは、皮膚深部にまで届く波長と表皮のメラニン色素を破壊する半波長を使用します。この2つの波長を必要に応じて切り替えます。アザやシミの他にイボやタトゥー除去などあらゆるものを除去できます

次にサーマクールですが、表皮を冷却しながらRF波を用いて治療を行います。コラーゲンの生成を促して肌にハリと潤いをもたらします。また、毛穴の引き締め、ニキビやニキビ跡の改善にも効果的です。傷跡を残さず、周辺の組織を傷つける事なくメラニン色素のみに反応するQスイッチルビーレーザーは、効率的かつ効果的なレーザー治療として知られています。シミやそばかすの他に、青あざや黒あざにも対応します。